判断力検定試験【インバスケット検定®】とは

判断力【インバスケット】検定試験は、日常生活やビジネスで必要な基礎能力が、実際に発揮できるかをトレーニングし、インバスケット手法を用いて測定する検定試験です。

本検定を活用して評価、育成することにより、就業者の適正な採用、配置及び処遇の適正化促進をはじめ、日常の問題解決力や判断力の向上が実現。

判断力検定試験【インバスケット検定®】の特徴

判断力【インバスケット】検定試験は、インプットではなくアウトプットの際に発揮される能力を測る加点方式。年齢、性別や、職業を問わず判断力を必要とする全ての人に適用できる問題と、それに応じた出題レベルを設けている。受験者自身の判断力トレーニング継続に役立つほか環境変化の際に必要な能力を、体系的に把握・理解する事が可能。

受験資格

・3級受験には受験制限はありません。年齢や学歴・実務経験によらずに受験できます。
・2級受験には3級に合格している必要があります。
・1級受検には2級に合格している必要があります。

⇑ ページの先頭へ ⇑